https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js 工務店から聞いた目地なしサイディングの欠点 | FPの家で家を建てる

工務店から聞いた目地なしサイディングの欠点

スポンサーリンク
サイディング 設備

お越しくださいましてありがとうございます。最初にこちらを一読願います。ブログの目的とリンク集となっております。

一戸建てを建築するとかなりの費用が掛かってくるのが修繕費です。

修繕費を減らそうとすると候補の一つに上がってくるのが目地なしサイディングです。

修繕費に占める割合に足場の組み立てが入ってきます。

足場を組む回数を減らせればそれだけで修繕費用を下げることができます。

目地は、10年程度で劣化し、それを修繕するために足場を組む必要があります。

目地だけの修繕であれば、足場代の方が高くなるでしょう。

このため目地なしサイディングを検討する方も多いと思います。

この目地なしサイディングについて欠点がいくつかあるようです。

基本的には、高いということがあります。

それでも修繕費を考慮すると確実に元は取れます。

それ以外に、地震が起こった時に現れる欠点があります。

強い揺れの場合、サイディングがずれるそうです。

目地がないため、壁と接着しているのは、金具の部分のみとなります。

金具とサイディングもねじ等で強固に接着するわけではなく挟むものとなります。

そのため動くことができます。

これが地震時に動いてしまい補修が必要となる場合があります。

現状ですと30年保証の目地も出てきております。

私が使用しているのは、ニチハのプラチナコートです。

プラチナコート30|窯業系外壁材|商品情報|ニチハ株式会社
ニチハは、窯業系外壁材を主体とした住宅建材メーカーです。

条件は、いろいろありますが、目地なしを検討する場合は、このようなものと見比べてみるのもいいかと思います。

ケイミューでも同様の製品は出ております。

超耐久・低汚染タイプのシーリング材 スーパーKMEWシール|外壁材|屋根材・外壁材・雨といのケイミュー
光触媒コーティングの外壁材(サイディング)「光セラ」は、太陽光の力で汚れを分解し、雨で流し落とすKMEW独自の防汚システム外壁材(サイディング)です。また汚れた空気をきれいにする大気浄化能力があり、環境にやさしいエコ外壁材(サイディング)です。

スーパーKMEWシールというそうです。

どちらにせよ、30年程度たてばサイディング、屋根など大幅に修繕が必要となり、足場は絶対に必要となりますので、その際にシーリングを直すのは大した金額上昇にはなりません。

このようなことも考慮して目地なしサイディングか、目地ありかを選択していただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました