https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js 長期保証タイプの窯業系サイディングを使用する際の注意点 | FPの家で家を建てる

長期保証タイプの窯業系サイディングを使用する際の注意点

スポンサーリンク
サイディング 日々の記録

お越しくださいましてありがとうございます。最初にこちらを一読願います。ブログの目的とリンク集となっております。

長期保証タイプの窯業系サイディングとは?

我が家は、外壁には、ニチハのプレミアムシリーズを採用しております。

プレミアムシリーズ|商品情報|ニチハ株式会社
ニチハは、窯業系外壁材を主体とした住宅建材メーカーです。

これは、うたい文句の通りに30年以上壁の塗り替えをしなくて済むものです。

ケイミューからは、次世代外装パネル レジェールとして同様なものがあります。

次世代外装パネル レジェール | 屋根材・外壁材・雨といのケイミュー
次世代外装パネル レジェール | KMEW(ケイミュー)は、屋根材・外壁材(サイディング)の製造・販売、雨といの販売を主体とする総合外装メーカーです。

一般的な窯業系サイディングでは、塗り替えや目地のうち替えを10年程度で行う必要があります。

これらが30年以上不要ををうたっているものを長期保証タイプの窯業系サイディングとしております。

長期保証タイプの窯業系サイディングのメリット

これは、なんといっても30年程度塗り替えが不要なところです。

塗り替えが不要だと何がいいかといいますと、足場を組む必要がないので住宅ローンを払ている最中の修繕費を下げることができます。

高いサイディングでも新築時なら金利が圧倒的に安い住宅ローンに含めることができるので金銭的なメリットが大きいです。

修繕で何にお金がかかるかといいますと圧倒的に足場です。

足場億無と広さや大きさにもよりますが100万以上いってしまします。

また、足場を組んでいる間は、外からの侵入がしやすくなりますので防犯上の懸念や、日当たりが悪くなるなどの数々のデメリットが存在します。

その足場を組まなくて済むというのが大きなメリットです。

使用するうえでの注意点

基本的に値段が高くなるのは理解している方が多いと思います。

使用したうえで中止したほうがいいかなと思うところがありましたので、こちらに記載します。

あくまでも藻を生えにくくしたり、汚れを落としてくれるのは、光触媒や親水性物質などを利用して汚れを落としやすくしている塗料を吹き付けているからです。

我が家のサイディングですが、一箇所かけているところがあります。

近年異常気象などにより雹が降ってきます。

これも6月ごろに降った雹の影響かと思いますが。

窯業系サイディング、焼き物ため衝撃に弱い傾向があります。

雹でも当たり所が悪かったりすると塗料ごとサイディングをもっていきます。

10年ごとに塗りなおすとこのようなかけているところは10年ごとに見えなくなります。

30年保証のものだと30年塗らないためこれらが3倍たまってしまします。

塗料がはがれてしまっては、せっかくのいい塗料をし使用していてもかけてしまっては元も子もありません。

そのため、傷が多いと早めに塗りなおす必要があるということは留意しておいた方がよいと思い今回の記事にしました。

基本的には、30年保証のものが金銭面では最終的にいいとは思っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました